トップページ >パート派遣比較> 介護の働き方はパートと派遣どっちが損しない?働いてみた結果

介護の働き方はパートと派遣どっちが損しない?働いてみた結果

介護の仕事で派遣とパートどっちが損しない?

実際に無資格・未経験から介護の仕事で働いてみた結果、派遣とパートでは大きな違いがありました。

家事や子育ての合間限られた時間で働くという点を考慮すると、派遣で働いた方がメリットが多かったです。

派遣 パート
雇用形態 派遣会社と契約 直接会社と契約
時給 高い1200〜1700円 安い800〜1000円前後
問題解決 派遣会社 自分
アフターフォロー ある(きらケアの場合) ない
貯金 時給が高いので効率的 非効率
残業 少ない 日常な会社が多い
残業代 きちんと出る ないこともある
労働時間 定時で終わる 長時間労働を強いられる場合もある
仕事内容 誰でもできる事(基本的な身体介護) 長期で働く事を見据えた仕事(身体介護、レクリエーション、イベント企画・運営・家族への対応)

経験・資格については派遣もパートも「未経験可」「無資格OK」の介護の求人自体はあるので、その他の点で比較しています。

限られた時間で介護の仕事で損せず働くには圧倒的に派遣でした

【言いにくい待遇の交渉やを本人に代わってしてくれるのが派遣】

パートの場合、雇用主は直接働く職場になります。

派遣以外はこれが一般的ですが、現状介護の仕事ではサービス残業が多かったり、給料が安い、福利厚生の問題などの理由で離職率が高くなっています。

きらケア

この会社への不満を勇気ある人は直接雇い主である会社に訴えたりもしていますが、そのことが問題となって人間関係が悪くなったり、我慢して働き続けて身体を壊してしまう人も少なくありません。

その点、派遣社員になれば雇用主は派遣会社なので、言いづらい労働時間、残業、給料、有給についての不満も派遣会社が代わりに会社と交渉してくれることもあります。

【「思っていたのと違う!」という時のアフターフォローがあるのはきらケア】

上記のように、相談したけどダメだったという場合や働きだしてからやっぱり違うなと感じたり、「子供が生まれた」「家族が病気になった」等で状況が変わった時の事態に対応してくれるのが派遣のメリットです。

きらケア

転職サイト「きらケア」ならこういった働きだしてからの相談にもしっかり乗ってくれるし、新たな条件に対しても対応して求人を紹介してくれます。

こういったアフターフォローが充実しているのがきらケアです。

アフターフォローがあるだけでかなり精神的にも安定して介護の仕事を始めることができますよね。

【介護士でお金を効率的に貯めるにも派遣がベスト】

雇い主の会社としては安い時給で直接雇用した方が人件費の面で好都合なのはなんとなく想像つきますよね。

ただ、パートなど直接雇用しようにも働きたい人がいなければできません。

このようなどうしても従業員が足りない時に利用せざるを得ないのが派遣です。

だから慢性的に人材不足である介護士の仕事は、高時給でも求人がなくならないんです。

派遣で平均1200〜1700円という高時給で働く事も可能です。

※正社員と比べてしまうとボーナスがないというデメリットはありますが、あくまで限られた時間で働くことを考えてパートと比較すると派遣の方が効率的に貯められます。

正社員 パート/バイト 派遣
年収 294万円 240万円 299万円
月収 21万円 17万円 21万円
時給 1190円 986円 1241円

※2015年株式会社アイデム調べ
※2016年株式会社プロトメディカルケア調べ

【派遣は残業が少ない】

派遣は高時給な事が多いので、できるだけ残業させたくないというのが会社の本音です。

派遣会社との契約で派遣の人の残業代は1時間あたり25%増しで計算されるので、1200円の時給だとしても1時間残業すると1500円です。

「本人+派遣会社の取り分」という金額を考えると直接雇用のパートよりかなり高くついてしまいますからね。

介護施設での実務経験をできるだけ早く積みたいという場合は別ですが、限られた時間の中で働きたいという人にとっては派遣が好都合です。

【仕事内容で経験を積むにはパートと正社員】

実務経験を積んで、スキルアップ・出世を目指すという場合、重要な仕事を任せられる正社員がより近道です。

派遣社員の場合、長期的に勤務する事はないので、入浴介助、食事介助、排泄介助などの基本的な身体介護で誰でもできるような内容が多くなります。(できる人に関しては難しい仕事も任せられる事もあります)

介護施設

出世を目指す場合、レクリエーション、イベント企画・運営・家族への対応など、入居者や業務に深く関わっていける正社員または正社員を目指すパートで入社した方がいいのは事実です。

ただ、正社員を目指すにも長時間労働やサービス残業、低賃金を避ける方法はあるんです。それが紹介予定派遣制度です。

【安定を求めるにも派遣→正社員が近道】

スキルアップや安定を求めて正社員になりたい場合も、「思っていたのと違った(泣)」と後悔しないように「紹介予定派遣」という正社員を目指す派遣制度があります。

スキルアップや資格取得を目指しながら働くにも時間が必要だし「介護の仕事=低賃金が当たり前」ではないので、この派遣制度を使う事が効率良く派遣の正社員になるコツなんです。

派遣会社を使う事で、慎重に正社員となる会社を選ぶ事もできるし、一般的には非公開求人しかない大手の会社にも入社できるかもしれません。

紹介予定派遣で働けば、派遣の契約期間満了時に双方合意があれば正社員として働く事ができます。 また、もし自分には合わないと判断して断る場合も新たに違う介護施設を紹介してくれるので安心です。

わからないことは素直にプロに聞く

きらケア

主婦が家事や子育ての合間に働く場合、大事なのは働く職場選びです。

介護業界が未経験だった私は、わからないことはプロに聞くのが一番楽で、手っ取り早く失敗のリスクも軽減できると感じました。

しかも無料だし、介護業界に精通した人材派遣のプロを頼れるサービスは使わないとかなり損だなぁと、利用してからますます思います♪

介護士求人おすすめサイトはこちら