トップページ >パート派遣比較> 介護士のシフト制・交代制は辛い?介護パートのベストな働き方は?

介護士のシフト制・交代制は辛い?介護パートのベストな働き方は?

不規則になりにくい介護施設はシフト制・交代制?

初めて介護のパートをする時、初めから日勤と夜勤を両方こなして行くのは体力的にも精神的にも、きついですよね。正社員の中には不規則な生活リズムに耐えられなくて体を壊し、離職していく人も多いです。

基本的にシフト制や交代制だと、24時間介護の場合4交代制が多いです。

早番:7時から16時
日勤:9時から18時
遅番:11時から20時
夜勤:17時から翌日9時

多少時間の前後はありますが、このパターンが多いので、パートで働くとなると早番か日勤しかできません。

家事や子育てと両立となるとちょっと難しいですよね。

※中にはパート専用のシフトもある場合もあるので、必ずしもこれに当てはまるわけではありません。 ただ、万が一夜勤ができる人がどうしても足りない!となった時に頼まれないという保証はどこにもありません。

介護デイサービス

そこで介護施設の中でも夜勤がないデイサービス・デイケアがおすすめになります。

理由は日中しか営業していないので、夜勤がないからです。

もちろん、朝早い時間や、少しの残業はあるかもしれませんが、24時間体制の介護施設よりは自分の時間を犠牲にする可能性は低いですね^^;

さらに言うと、5時間、6時間だけ働きたいという希望で、最初からそれに当てはまる条件の介護施設で働くという方法が一番理想的ですよね。

その働き方がパートではなく「派遣」です。

規則的に働きたいなど希望条件が通りやすいのは「派遣」という働き方

派遣になるとシフト制・交代制の介護施設でも、初めに9時から16時までで扶養内で働けるという条件で求人を探し派遣で働けば、その条件が変わることはありません。

介護派遣

急に夜勤をお願いされても断ればいいし、言いづらければ求人サイト(派遣会社)のフォロワーさんに代わりに言ってもらえば人間関係が悪くなることもありません。

雇い主である介護施設は働く本人ではなく、派遣会社との契約なので信頼関係を守るため、簡単に契約事項を破ったりはしません。だから、働く人の希望条件が通りやすいのです。

シフト制、交代制で自分の時間や家族との時間を削られる可能性があるパートよりも「派遣」で自分の思い通りの働き方を実現する方が、損はないです^^

さらに、好条件の介護の求人は求人サイトでも非公開の場合が多く、求人サイトに無料登録することで紹介してもらうことができます。しかもパートより時給が高いことが多い派遣社員は、出勤日数が少なくても同じ金額が稼げます♪

介護士求人おすすめサイトはこちら