トップページ >施設で選ぶ介護求人> 介護のパートで初めて働くならどんな老人ホームがおすすめ?

介護のパートで初めて働くならどんな老人ホームがおすすめ?

未経験で介護助手から始めるなら、要介護度が低い施設がおすすめ

多種の介護施設がありますが、それぞれの介護施設の仕事内容や大変さをしっかり理解してから働く事が重要です。

介護で初めて働くから、少しずつ慣れていきたいという場合は、利用者が比較的要介護度の低い介護施設を選ぶ事をおすすめします。

サービス付き高齢者向け住宅(見守り介護の賃貸住宅)や健康型有料老人ホームでは要介護度が低い人が利用する事が多いため、初めてでも仕事がしやすいです。

夜勤も徘徊や排泄の介護などが少なく、介護士の負担は少ないです。

逆に介護で初めて働くなら要介護度が高い利用者がいる介護施設はおすすめしません。

もちろん、より広範囲の介護の仕事を早く経験を積んでステップアップしたい場合は別ですが、限られた時間で自分のペースで無理せず働きたい場合は初心者でも続けている人が多い、要介護度が低い介護施設をおすすめします。

特別養護老人ホームは要介護度が3以上の方が利用されているので重労働も多く、腰痛や膝の痛みに悩まされる事も多いです。

また、排泄の介護など汚い仕事も少なくありません。

認知症の方と関わる認知症デイサービスなどは介護技術も必要ですが、認知症の人に対する理解力と根気が必要です。

要介護度の高い人と長期間接するには体力的にも精神的にも大変なので、覚悟を持って働き始めないと自分が倒れてしまいます。

※ちなみに訪問介護は介護の資格が必要なので無資格の未経験では行う事はできません。

介護施設の種類と用途

介護施設 施設の機能
特別養護老人ホーム(特養) 特に介護度が高い、思い認知症や寝たきりの方など手厚い介護が必要な人が入居する施設
有料老人ホーム 「健康型」「住宅型」「介護付」の3つのタイプあり、介護付きの施設で介護職は働く。入居者の要介護度はそれぞれ異なり、広範囲。民間が運営。
介護老人保健施設(老健) 理学療法士の元、自宅に戻れるようなリハビリをする施設。24時間体制で3ヶ月程度で自宅に戻る入居者が多いので入れ替わりが頻繁。
ケアハウス 入居者はトイレや入浴は自立している。身体介護より、掃除や洗濯、食事の準備などが中心。運動補助など
グループホーム 要介護度1〜3。認知症の高齢者が対象の施設。トイレや入浴介助の他に、買い物や家事全般をできる入居者と一緒に行う
デイサービス 日帰りで食事や入浴、日常動作訓練、レクリエーションなどを行う施設。送迎もあるので、家族と接する機会も多い。
軽費老人ホーム 有料老人ホームに比べて費用が安い。基本的には介護業務はないが、多様化しているので、介護のスキルや知識が必要になる可能性あり。社会福祉法人や地方自治体が運営
介護療養型老人保健施設 老健よりも重点的な医療ケアが受けられる。終末医療も受けられるが、回復した場合は退去の場合も。
サービス付き高齢者向け住宅 バリアフリーの高齢者専用の賃貸物件。自立可能でないと入居不可。見守り介護・相談相手のみで介護は行わない。ただ、「特定施設入居者生活介護」の指定があれば介護もある。
認知症デイサービス 重度の認知症高齢者に対応した定員が12名以下と少ない規模で運営されているデイサービス。認知症の方と接する理解力と根気が必要。
ショートステイ 介護が必要な高齢者が30日以内で短期宿泊できる施設。介護する家族の都合の事が多く、お盆や年末年始など旅行が多き時期が繁忙期。特別養護老人ホームや介護老人保健施設との併設型もある。
小規模多機能型居宅介護施設 利用者の状況によって通い・訪問・宿泊などいろんな介護のニーズに応える地域密着型の施設。目的は利用者の自立。他の施設と併用型も多く、幅広くスキルをつけたい場合はいいが、業務内容がしっかり区別されていないと過酷な労働になる事が多いので注意。

夜勤がない介護施設はデイサービス・デイケアがおすすめ

子育てや、家事の合間で働くなら、時間が限られているので残業や夜勤がない介護施設がいいですよね。

それ以外の理由としても、介護職で初めて働く場合は特にいきなり長時間労働や不規則な夜勤を入れて働くよりも、集中的に日勤をこなして仕事内容を覚えていく方が楽に仕事に慣れる事ができます。

そこでおすすめなのがデイサービスやデイケアなどの宿泊機能がない介護施設です。

利用者の宿泊がないので当然夜勤もありません。

限られた時間で働く主婦には働きやすい職場です。

少しでも早く幅広い経験を積みたいなら小規模多機能型居宅介護施設

子育ても落ち着いて時間にも気持ちにも余裕があるので、介護の仕事でそんどんスキルアップしたい!という場合は、幅広い利用者を受け入れていていろいろな業務内容がある「小規模多機能型居宅介護施設」がおすすめです。

施設によっては仕事内容を分担していない場合もあるので幅広い介護の経験が積めます。ただ、かなりハードできついという意見もあるので、慎重に選びましょう。

働き方で大きく変わる初めての介護の仕事の待遇

介護の仕事は介護施設によっても大きく変わりますが、働き方によっても違います。

「パート」で働くより、「派遣」で働いた方が、仕事内容が軽くて働きやすく、メリットが多いです。

理由は派遣は正社員やパートなどの人材不足になった時に、すぐに働ける救世主のような人員です。なので、その人しかできない仕事というよりも一般的に誰でもできる仕事を任せられる事も多いです。

初めての場合は、あえて派遣を選んだ方が働きやすいかもしれません。

他にもシフトや給料の希望が通りやすい・残業は少ないし、きちんと残業代は25%アップで支給されるなど派遣のメリットがたくさんあるし、何よりパートより高時給なので実は派遣の方が給料は高くなる確率が高いです。

もちろん仕事を覚えていけば新しい事もできるようになりますし、任せられるようにもなります。

派遣で働いて効率的に資格の勉強をしてスキルアップ・時給アップを狙う事も賢い働き方です。

介護士求人おすすめサイトはこちら